塩畑 貴志(しおはた たかし)

塩畑 貴志

1986年、茨城県笠間市生まれ。高校卒業後、情報経理専門の学校で情報技術を学ぶ。

プログラマーとして入社し、クロネコヤマトのPP端末の開発を務めた。その後、笠間市ICT支援員としてICT技術を市内の先生たちに教え、教員の負担が増え続けている現状を知った。

2015年にいばらきドリームプランプレゼンテーションにて、“教員の負担を軽減し、子供たちと接する時間を増やしたい”という夢を発表。

現在はフリーランスとして活動しながら、教員の負担軽減を目的とする教員支援ネットワーク T-KNITの代表としてまちあるきプログラミングを提供している。

《職歴》

プログラマーとしてクロネコヤマトPP端末開発に従事
笠間市ICT支援員として教育に携わる
介護職に従事
屋号『シオハタICTサポート』を開業
屋号を『Pasolack』に変更