教員支援ネットワーク T-KNITについて

教員はいろいろな使命を課せられています。

教育委員会から、国から、親から…課せられる責任が増えました。

ICT、プログラム教育、道徳教材…授業研究も増えました。

次々と増えていく取り組みに対して、果たして子供を見る時間は増えているのでしょうか?

 

教員が子供を見る時間がなくなったら、親は怒るでしょう。

子供を見る時間がなくなったら、子供に十分な教育が行き届かなくなるでしょう。

 

だからこそ、私たちはまず “教員の時間を増やすべき” なのではないかと考えました。

 

学校の先生を取り巻く厳しい現状

道徳の授業、ICTを駆使したデジタル授業の展開、新しい取り組みや制度が始まり、子供たちの学習環境はずいぶん発展しました。

しかし、新しい取り組みが増える一方で、教員の負担も大きく膨れ上がっていることはご存知でしょうか?

深夜に及ぶまで、採点をしたり、明日の授業準備をしたり…。

もちろん、セキュリティの観点で、家に持ち帰っての仕事はしていません。

 

「いつ新しい授業の勉強するの?」

「いつ子供を見れば良いの?」

「いつ自分の生活をすればいいの?」

 

取り組みが増えれば、学校の子供たちを見る時間が減っていき、教員の余裕も少なくなってしまいます。

子供たちの一番大切な成長時期を見守っているのは親、そして学校の先生ではないでしょうか?

学校の先生が子供たちを見る時間がなくなれば、子供たちの成長が十分果たされないのではないか?

 

そう考えた私たちは、学校の先生にかかる負担を少しでも軽減し、学校の先生として一番大切な仕事

“子供たちを成長を促す”ことに専念していただけるように活動しています。

 

もし、教員の時間が増えれば……

  • プライベートの時間が増え、課題とされている教員離職も起こりにくくなる。
  • 勉強する時間が増え、授業の質が良くなり、子供たちの学力向上につながる。
  • 学校内で時間が増えれば、子供と触れ合う時間が増え、一人ひとりに目をかけられる。

 

このように教員の時間のゆとりというのは、非常に大切だと思っています。

 

教員は現在、教員同士で支え合っています。だから負担が減らないのです。

こんな時だからこそ地域の人たちが教員を支え、負担を軽減することが必要です。

 

現在は、少子化になり、人が減りました。そのため、より強固なつながりを求める時代になっています。

つまり、教育も地域で子供を育てていく時代に変わったのです。

 

この地域に住まう私たちだから、地域の子供たちを育てられる。学校・教員を支えてあげられると思っています。

 

T-KNITの理念

T-KNITは以下の使命と未来を思い描いて活動しています。

T-KNITのミッション

全ての教員を新しいステージへ

 

子供を伸ばす力

教員が担うべき一番大切な力を

最大限に活かせるようにサポートする 

 

私たちは教員の仕事とは何だろうと考えました。

それが「子供を伸ばす力」です。

 

教えることは誰にでもできます。

面倒を見ることだって誰にでもできます。

しかし、子供の良さを発見し、褒めたり叱ったりして、その子の才能を伸ばしてあげることは毎日会っている「教員」しかできません。

 

だからこそ、この力を最大限に発揮してもらいたい。

私たちはその力が存分に発揮できるように支援したい。

 

T-KNITのビジョン

それぞれの得意分野でつながる取り組み

教員・地域が手を取り合い、地域全体で育てる

 

教員が学校を輝かせ

学校が地域を輝かせ

地域が子供を輝かせ

子供が教員を輝かせる

 

 

私たちは学校・教員も地域の一員だと考えています。

これからは学校だけで育てるのではなく、地域全体で協力して子供たちを育てていくことが重要です。

 

いつか子供たちが大きくなり、「またあの場所に戻りたい!」、「またあの人に会いたい」と言ってもらえるように。